近年注目を集めているウコン|有効成分や働きを徹底解説

ウコン

女性に嬉しい黄色のチカラ

一般的にウコンというと秋ウコンのことを指します。秋ウコンには有効成分であるクルクミンが多く含まれています。二日酔い対策だけでなく、美肌効果やダイエット効果も期待できます。油分やレシチンとともに摂取するとクルクミンの吸収率が高まります。

栄養剤

お酒の好きな人に選ばれる

健康に良いとされる植物にも多くの種類がありますが、ウコンはクルクミンが豊富に含まれており、肝臓の強化に役立つとされています。特に秋ウコンはクルクミンが豊富に含まれています。クルクミンは抗酸化作用にも優れておりアンチエイジングにも役立つ成分です。

鬱金

身体にあった選び方

ウコンは一般的には二日酔いに効果があると認識されています。クルクミンという成分が肝臓の働きを助けてくれる事でアルコールが分解されやすくなるからです。また血液がサラサラになったり、活性酸素を抑制し、成人病予防や若返りに効果があります。種類も様々で、自分の健康状態に合わせた物を選ぶことが重要です。

健康づくりで大切なこと

サプリメント

胃腸の働きを良くするのは

健康や美容に関心が高い人達から、熱い注目を集めているのがウコンです。テレビCMでもウコンを使用した、健康食品の宣伝を多く目にします。ウコンの特徴や何故多くの人達から、注目を集めているのかについて紹介します。ウコンはショウガ科ウコン属の多年草で、英語名はターメリックです。インドが原産のウコンは、黄色い色素が特徴です。この独特な黄色い色素はカレーに入れる香辛料や、たくあんの染料としても利用されています。原産はインドですが日本では、沖縄県で多く栽培されています。ウコンは健康効果が高いと話題になり、現在多くの健康関連食品やサプリメントが販売されています。有効成分クルクミンには多くの健康パワーがあるとされていて、代表的な効能として二日酔い防止や肝機能の改善に効果があると人気を集めています。クルクミンは胆汁分泌のサポートをしてくれるので弱った肝機能の働きを良くしてくれて、お酒を飲みすぎた場合にアルコールの分解を助けてくれる働きがあります。また消化不良の改善や、健胃効果にもウコンは効果があります。唾液や胃液の分泌を促すことで、胃腸の働きを良くしてくれます。健康づくりにウコンを取り入れたいと考える人は、摂取量には十分な注意が必要です。ウコンに限ったことではありませんが大量に摂取したからといって、健康効果が上がることはなく必要以上に摂取すると体の不調に繋がる場合もあります。正しく栄養素を理解して日常生活に、上手に取り入れる工夫が重要となります。